アルコールベースの消毒剤の問題

アルコールベースの消毒剤の問題

新型コロナウィルスが確認され、早急な防御策が必要でした。アルコールベースの消毒剤は、消毒剤の差し迫った必要性を満たすための最初の解決策でした。しかし、アルコールベースの消毒剤には、未知の長期的な影響やその他の潜在的な問題が伴います。

アルコールベースの有毒性

メチルアルコールベースの消毒剤は現在禁止されています。それらは、人間、動物、そして環境にとって危険だからです

一般的なアルコール消毒剤はエチルベースです。エチルアルコールは人間や動物にも有毒であり安全ではありません。エチルアルコールを摂取すると肝臓に深刻なダメージを与えます。

現在直面している問題は、これらのアルコールベースの消毒剤に多数販売されていることです。これらの有毒なアルコールベースの製品の使用が安全であり、長期的な健康への悪影響がないことを示すには、科学的データが不十分です。私たちは、それらの使用を制限することが最も安全な方針であると信じています。

アルコールベースの消毒剤の更に差し迫った問題は、手を過度に乾燥させ、他の接触皮膚の問題を引き起こすことです。多くのアルコールベースの消毒剤生産者は、製品にさまざまな成分を混ぜて、過度の乾燥を減らし、これが粘着性の残留物やベタつきにつながります。

効果的なアルコールベースの消毒剤は、体積で70%以上のアルコールであるため、非常に可燃性です。リスクは明らかであり、当社の次亜塩素酸製品は99.50%の電解水で不燃性です。

Related Articles

Pure Defender Blog